朝霞台・志木のエステは「ハーブエステ専門店 サロン・ド・フルール」

生活習慣から美容と健康までをサポートする注目素材!

南極海域に生息するナンキョクオキアミから抽出される貴重な健康食用オイル!

オリンピック選手にもサプリメントとして採用!

 

現代人は食生活の欧米化やライフスタイルの変化に伴い、栄養バランスが崩れる事が多く生活習慣からくる健康上の悩みを抱えている人が増えてきています。

そこで今、注目されているのがサラサラ成分EPA・DHAなどのオメガ3系脂肪酸。

オメガ3系脂肪酸は厚生労働省により日本人が接種を増やすべき栄養素として挙げられ、生活習慣が気になる方の強い味方としてその役割が期待されております。

クリルオイルにはサラサラ成分EPAやDHAなどのオメガ3系脂肪酸を豊富に含むほか、体のサビツキが気になる方に注目されているアスタキサンチンを含有しております。

これらの成分がしなやかさを保つのを助け、すみずみまで柔らかくしスムーズな流れをサポートします。

市場に流通するEPAやDHA(オメガ3系脂肪酸)の多くが魚油由来で油脂結合型であるのに対し、クリルオイルはリン脂質結合型の必須脂肪酸を多く含んでいます。

そのため体内へ吸収されやすく、少量の摂取でも働きが期待できるという特徴があります。

現代人が意識して摂るべき油・オメガ3

人が体内で合成できない必須脂肪酸はオメガ3とオメガ6の2種類に分類されます。どちらも通常食事からしか摂取出来ない油です。

オメガ3…クリルオイル・ブラックシードオイル・エゴマオイル・魚油など

オメガ6…サラダ油・紅花油・加工食品(スナック菓子、カップ麺、マヨネーズなどに使われている油)など

そして現代人はオメガ6の摂取量がオメガ3の10~50倍に達し、その過剰摂取が危惧されております。

理想的なオメガ3とオメガ6のオイルバランスは「1:1~1:4」と言われています。

 

まさに南極の命の恵みと言えるクリルオイルの魅力

~親和性のあるリン脂質を40%含有~

リン脂質はレシチンとも呼ばれサプリメントとしても広く受け入れられています。

水と親和性が低い魚油に比べて、リン脂質の持つ乳化作用によって水に分散することが明らかになっています。

 

~南極オキアミに元来含有されているアスタキサンチン~

 

アスタキサンチンはトマトの色素リコピンと同じく赤い色をした天然色素の仲間。

オキアミをエサとする鮭なども食物連鎖を重ねた結果、オレンジ色の身になります。

鮭が産卵期に力強く川を遡上出来るのはビタミンEの約1000倍とも言われるアスタキサンチンの力だと言われております。

~クリルオイルが有益な作用を示す症状~

高脂血症の改善・心疾患・メタボリックシンドローム・肝機能の改善・生殖機能の向上・脳の老化防止・認知症対策・心筋梗塞の予防・脳梗塞

関節リウマチ・関節症・PMS・糖尿病の合併症・アレルギー性疾患・潰瘍性大腸炎・精神疾患・月経のトラブル・高血圧など

 

朝霞台・志木のエステは「ハーブエステ専門店 サロン・ド・フルール 朝霞台店」 PAGETOP